転入届について | 引っ越し業者の選び方

引っ越し手続き

転入届の手続きについて

手続き他の市区町村から新住居に引っ越した際に、その住所を管轄する市区町村役場に出す書類です。
住み始めた日から該当しますので、まだ住み始めていないのであるなら転入届は提出できません。
提出期限は、住み始めた日から14日以内です。

法律では「住み始めてから十四日以内に転入届をしない者は五万円以下の過料に処する」となっています。
この期間を過ぎても提出する事は出来ますが、その過ぎた日数や理由が不適切である場合、裁判所から過料を求められる事もありますので、お気をつけ下さい。

届出人


届出人は、本人又は世帯主、代理人のいずれかになっています。
代理人が代行で書類を届ける場合は、委任状が必要となりますのでご用意下さい。
その際の委任状はご自身で作成する事も出来ますし、簡単に作りたいのであるならインターネットから印刷して作成することもできます。
提出する時に必要な書類は、転出証明書、印鑑、身分証明書です。
これらを持参の上、窓口にある書類(住居異動届)に記載し提出しましょう。
顔写真のある身分証明書であるなら1点で認められます。
顔写真が付いていない身分証明書(健康保険被保険者証・年金証書など)は2点提示する必要があります。

転出届証明書の紛失


もし「転出届証明書」を無くしてしまったら、旧住居の市区町村役場でその事を伝え、そこで「転出証明書の代わりとなる証明書」を交付してくれます。
それを持って各手続きに出向きましょう。

引っ越し先が急遽変わってしまっても、一から転出届の手続きをする必要はありません。
今ある「転出証明書」で大丈夫です。

=>引っ越し業者の選び方はこちら



 

サイトマップ