挨拶

挨拶

挨拶について

挨拶引っ越しする事が決定次第あいさつに出向きましょう。新住居に着いた時、又は引っ越しが終わり次第、挨拶はするようにしましょう。田舎に引っ越しするのであるなら、近隣との人間関係は切っても切れない物になってくるでしょう。第一印象を悪くするのは新居地に住む事を難しくする事になります。その為、挨拶は近隣との大切な手続きになります。

都内なら


都内で引っ越しをした際に気付く事は、挨拶をすることもされる事も少ないと感じます。特に一人暮らしの引っ越しをする人では、挨拶など念頭にもないのではないのでしょうか?家族で引っ越される方や、引っ越し先が一軒家などの場合、挨拶をしておく事が良いでしょう。お子さんがいらっしゃるのなら尚更の事です。後々お世話になる場合も出てきますし、地域のイベントや行事に顔を出す事も後々あるでしょう。

大家さんはどこに住んでいる?


大家さんが一緒のマンション又はアパートに住んでらっしゃる方は、必ず挨拶に行きましょう。新住居に管理人がいる場合も挨拶しましょう。大家さん或は管理人さんが同じ住居内にいられる場合は、引っ越す前、引っ越した後と2回挨拶するのが礼儀とされています。
大家さん或は管理人さんに挨拶に行くタイミングは、その地に引っ越す事が決まり次第お伺いしましても、引っ越し当日の引っ越し作業を始める前に挨拶されても良いでしょう。
引っ越しの挨拶はどの程度の範囲を対象にしたら良いか難しい所です。地域により異なりますので、不動産又は仲介業者に新住居を購入又は借りる際に聞いてしまいましょう。田舎であるなら広範囲に挨拶した方が良いでしょう。都会でしたら特に上下両隣程度でいいのかもしれません

昔からの習慣


昔から「向こう三軒、両隣り」と言われているようです。マンションでは上下両隣で良いでしょう。一軒家の場合でしたら、自分の家の両隣2軒、お向かいのお宅とその両隣の3
軒、全部で5軒程度です。これらを住ませておけばそこで済む事の保険にもなりますので億劫がらずに済ませてしまいましょう。

挨拶に伺う日は最低でも引っ越し後の一週間以内に済ませてしまいましょう。





 

サイトマップ