バイクについて

バイクの手続き

バイクの手続き

引っ越しの際には、バイクを所持している人は住所変更手続きが必要になります。小型二輪自動車、軽二輪自動車、原付自転車ごとに手続きが異なりますので、お気をつけ下さい。

小型二輪自動車

小型二輪自動車(251cc以上のバイク)の住所変更手続きで必要な書類は、自動車検査証と手数料納付書?申請書です。自動車検査証は車検証の事です。手数料納付書と申請書はどちらも陸運局で手に入れる事ができます。それから印鑑と住民票です。印鑑は認印でも大丈夫です。
住民票は3ヶ月以内の物でないと認められません。代理を頼む場合は委任状が必要になります。運輸支局の違う地に引っ越される場合はナンバープレートも必要になってきます。同じ管轄の陸運支局内で引っ越しする場合でも上記の手続きは必要です。ただ、ナンバープレートは変更しなくて良いです。ナンバープレートの持参も必要ありません。

軽二輪自動車

バイク軽二輪自動車(126cc以上・250cc以下のバイク)の住所変更で必要なものは、軽自動車届出済証と軽自動車届出済証記入申請書(陸運局にあります)です。軽自動車届出済証は車検証のことです。それから、自動車損害賠償責任保険証書(有効期限が残っているもの)、印鑑、住民票が必要になります。代理人を頼む場合は委任状が必要になります。陸運支局が違う地に引っ越すならばナンバープレートも持参してください。
同じ管轄の陸運支局内で引っ越しする場合でも上記の手続きは必要です。ただ、ナンバープレートは変更しなくて良いです。ナンバープレートの持参も必要ありません。
原付自転車(125cc以下のバイク)の場合は、市区町村の管轄ですので同じ市区町村内で引っ越しをされる方は手続きはいりません。他の市区町村に引っ越される方は、旧住居の市区町村役場へ必要書類を提出してください。その書類は、廃車申告書(役場にあります)、標識交付証明書、印鑑、ナンバープレートです。

上記の書類を役場に提出し、「廃車証明書」を交付してもらいます。
新住居に引っ越しましたら、そこの管轄の役場に赴き、ナンバープレート、標識交付証明書、印鑑を提出し引っ越し手続きを終えます。
これらの小型二輪自動車、軽二輪自動車、原付自転車は、住所変更時より15日以内に届けてください。





 

サイトマップ