電気とガスと水道の手続き

手続き

電気とガスと水道の手続きについて

引っ越し業者に依頼してからは、引っ越し後すぐにご利用できるように光熱費の手続きをしっかりとっていきましょう。

電気はどうする

電気では、賃貸の場合事前に連絡を取っていれば既に電気が開通されているかもしれません。
ブレーカーをONにして頂ければすぐにでも確認できるでしょう。
電気の料金は使い始めた時からの請求になります。

ガスの使い始め

ガスの手続きガスでは、賃貸の場合、新住居の大家さんか不動産業者がガス会社に登録してくれているかもしれません。
ただ、入居時すぐにガスが使えることは少ないでしょう。
最近ではすぐ使えるサービスもあるようです。
不動産業者、大家さんに確認してみましょう。
新住居に引っ越しますと、台所又はガス台にガス会社からの書類が置いてありますので、その書類に記載されている電話に連絡しましょう。
指定した日時にガス業者立ち会いの元、その時に取り扱い説明を聞きましょう。
新住居にガス台が備え付けられていない場合、その時はご自身が用意します。
ガスの種類に注意してガス台をセットしておきましょう。
ガスのホースがない場合もあります。
これもガス台や元栓の種類によって異なりますので、お気をつけて用意してください。
それらを用意した上で業者を呼び、使用できる状態にしてもらいましょう。

上下水道について

水道では、住む所によって水道企業局か市区町村役場のどちらかに連絡をとる必要があります。
引っ越し業者に手配が済んで引っ越しする3,4日前に開始の連絡を入れます。
申し込みが済んでいて水が出ない場合は、水道メーター付近のバルブがしまっている場合がありますので、それを開いてください。
時計回りとは反対方向に一杯回してください。
又は、水道局の指示道理の行動をしてください。





 

サイトマップ