海外に引っ越す

海外引っ越し

海外に引っ越す場合

準備期間は長く取ろう

海外に引越しが決まった場合、国内に引っ越すのとは準備や手続きが異なってきますので、より長めの準備期間が必要となります。

まず、引越し業者を決めなければなりませんが、海外に引越しする場合は、引越し業者も選ばなければなりません。梱包についても国内とはやり方が異なります。さらに、荷物はどんなものでも運べる、というワケでもないのです。自分が普段使用している荷物でも、輸出と同じ形式ととらえられるため、海外に荷物を運ぶ場合は、持ち込んでよいものと持ち込めないものとに分けられてしまうのです。

海外に持っていけないもの

海外引越し海外に持っていけないものとして、畳などのワラを使用した製品や、麻薬、美術品などが上げられます。また、家電製品は、国によってコンセントの形が異なるため、持って行ってもそのまま使えない場合があります。最近では、コンセントを変換できるものも売っていますので、事前に確認を取って、自分が持って行きたい家電製品が海外でも使えるかどうか調べて持っていくようにしましょう。

国際免許書など

その他、国際免許書の取得も必要です。現在免許書を持っている方は、公安委員会の運転免許センターなどで手続きが行えます。自動車を持っていている方は自動車保険に加入していると思います。海外へ行く前に手続きを行なっておくと、その段階の等級を維持しておくことが出来ますので、こちらも忘れないように手続きを行うようにしましょう。

住民票の変更も必要になりますので、身分証明書を持参して、役所へ転出届を出しましょう。国民健康保険に加入している方はこちらの手続きも忘れないように行いましょう。

パスポートをお持ちでない方はパスポートの取得、ビザの取得なども合わせて行いましょう。





 

サイトマップ